スタンプを押した観光スポットの再訪問の獲得ポイント

観光スポットのスタンプは何度でも押すことができるけど、
同じに日に何度もスタンプをチェックしてもポイントはもらえないよ。

一度訪問した観光スポットは一定の時間経過に従って獲得できるポイントが回復していくようになっているんだ。
1日2日で再訪問してもいいけれど、前回訪問からあまり日にちが経っていないスポットでは多くのポイントはゲットできないんだ。
だから、一度訪問した観光スポットはまた間を空けて訪問すると再度ポイントがゲットできるよ。
よく行く観光地は何度もスタンプをチェックしてポイントを稼いでね。

高ポイント獲得でもらえるリーダーの称号について

スマートフォンページの上部にある、スターのマーク。
これは、都道府県リーダー、スポットリーダーの数を表しているよ。

各観光スポットで、歴代の最高得点を更新した人には、そのスポットのリーダーの称号が与えられるんだ。
スポットリーダーの称号を手に入れると、黄色い星マークを1つゲットできるよ。
観光スポットでスタンプする時には、できるだけたくさんのポイントが獲得できるようにして、
歴代最高得点のリーダーの称号を集めるのも楽しいよ。

全国のユーザーがたくさんの星を集める中で、
その都道府県ごとに最も黄色スターを持っている人がその都道府県のリーダーになることができるんだ。
この都道府県リーダーは、その都道府県内のスポットの獲得ポイントが倍増する効果を持っている。
ポイントランキングで上位を目指すためには、この都道府県リーダーになることはとても重要だね。

阪神野田駅周辺。松下幸之助創業の地をは今は住宅や工場だった。

あのPanasonicの創業の地が阪神野田駅近くの福島区大開にあった。

阪神野田駅から西へ進むと見えてくる公園に、松下幸之助創業の地記念碑があった。

松下幸之助創業の地記念碑

記念碑の横には、当時の建物の写真が貼られていて、
どの場所にあったのかが地図で示してある。

松下幸之助創業の地マップ

わかりやすい、これなら当時の場所を探すことができそう。
創業時の建物はこのようなものだった。

松下幸之助創業時の建物工場
松下幸之助創業時の建物工場

どんなに大きな会社も、はじめはこのようなちっぽけな小屋から始まるんだね。
あのAppleだって、はじめはガレージの隅から始まったんだ。

さて、地図で見ると、この今いる公園は「第二次本店工場」だったようです。

第二次本店

ここから西へ歩いて4番の「第二次工場(ランプ組み立て工場)」に行きます。

福島区大開

住宅地のようなところから、徐々に向上や製造業の建物が多くなってきます。
ランプ組み立て工場というから、そういう地区に工場を建てたのだろうか。

西へ進んで、少し広い道路を渡ると工場があります。

株式会社ヨーコーウィルディング

「株式会社ヨーコーウィルディング」の裏側あたりがちょうど「第二次工場(ランプ組み立て工場)」だったようです。

松下幸之助創業時の建物工場

今はこのようになってます。

松下幸之助創業の地「第二次工場(ランプ組み立て工場)」の現在

まあ、ただの工場の裏です。
形跡があるわけでもなく、案内板があるわけでもありませんでした。

次に「第一次本店・工場」に向かってみます。
途中、警察の取り締まりを見かけました。
急に雨が降ってきたんですが、雨が降るとすぐに警官は撤収してしまいました。
そんなもんなの?雨が降っても関係ないかと思いましたが。

雨で撤収

「第二次工場(ランプ組み立て工場)」から少し戻る感じになるので、徐々に住宅地になります。

「第一次本店・工場」があった場所を発見。

松下幸之助創業時の建物工場

今は普通の家になっています。

「第一次本店・工場」

さらに進んで、「創業の家」を探してみます。
地図ではそんなに遠くはありません。
歩いてすぐ、こちらも今は普通の家になっていました。

松下幸之助創業の家

あの大企業が、この地で小さく始まったんだと思うと、感慨深いものがありました。

まあ、今では当然他の人の土地になって、工場なり住居として誰かが住んでいます。
「創業の地」とはいえ、普通の住宅や工場なので、時代が変われば別の人が使っているのは当たり前で、
予想通り、その痕跡などは全く見られませんでした。

「第二次本店工場」だけは、公園となったため石碑を置くのに適していたんでしょうね。
松下幸之助は、この地で少しずつ事業を拡大していったのがわかります。

今回歩いた道のりはこちら

どこも、その痕跡はありませんが、
松下幸之助が歩いた道を、あなたも歩いてみてはどうでしょうか。

松下幸之助創業の地記念碑のスポット情報

阪神野田駅周辺。松下幸之助創業の地記念碑を探して

仕事で阪神野田駅周辺へ。

阪神野田駅前

野田駅を出てすぐ、国道二号線を挟んで向かい側にこんなものが

松下幸之助創業の地

仕事の後に早速寄ってみる。
「福島区大開は松下幸之助さんの創業の地です」
と書いてある。

松下幸之助創業の地

松下幸之助と言えば、だれもが知っているPanasonic(松下電器)の創業者ですね。
一代であの松下電器を創り上げ、その功績は多くの人に認められるものです。

幸之助はこの福島区大開町で23歳の時に松下電器具製作所を創業します。
松下電器の本拠地といえば、大阪市門真市を挙げると思いますが、門真へ移転したのは1933年幸之助が38歳の時です。

で、その松下電器が創業した場所がこの通りの奥にあるみたいです。

福島区大開町

ここをまっすぐに西に歩いて行きます。
この通り、「モーヴロード」っていうみたいです。
この「ヴ」を使っているセンスがいいですね。

モーヴロード

右手には阪神高速神戸線と阪神電鉄本線がはしっています。
沿線ということもありその下には飲食店もたくさんみられます。

昔ながらの喫茶店

ムーヴロードの喫茶店

ここは高そうですね。おいしい和食が食べれそうです。

ムーヴロードの食事処

さらに進みます、だんだんと賑やかさがなくなってきて、住宅街のような感じになってきました。
この辺で、記念碑はどこだどこだと迷い出します。
入り口以外はどこにも案内がなかったので、不安になってきました。

すると、左側に公園登場!
記念碑があるとするとこういうところですよね。

公園

はいはい、ありました。
公園の北西角に記念碑がありました!

松下幸之助創業の地記念碑

この公園は大開公園という名前で、ここには第二次本店があったそうですよ。

記念碑の反対側は、松下幸之助が残した言葉でしょうか。

松下幸之助創業の地記念碑

記念碑の横には、説明文がいくつかありましたが、
これで、この場所が第二次本店だったというのを知りました。

松下幸之助創業の地マップ

マップを見ると、この辺に創業に関する地がたくさんありますね。
それぞれ探しに行ってみます。

今回歩いた道はここ

松下幸之助創業の地記念碑のスポット情報

【今日は何の日?】島津久光の行列に乱入したイギリス人を、藩士が殺傷した生麦事件が起こる

幕末の文久2年8月21日(1862年9月14日)に起こった事件。
島津久光の行列が江戸から京都へ帰る途中、馬に乗った4名のイギリス人が紛れ込み、行列同行の藩士がイギリス人に切りかかり、1名が死亡、2名が重傷を負いました。
かつての生麦村、今の神奈川県横浜市鶴見区生麦で起こったため生麦事件といわれます。
これをきっかけに薩英戦争が起こります。

当時この場所は豆腐屋で、村田屋勘左衛門の家がありました。
この家の前で、生麦事件が起こり、勘左右衛門は事件を目の当たりにします。
生麦事件発生地

切りつけられたリチャードソンは内臓がはみ出た傷口を抑えながら馬に乗って逃げますが、
さらに切りつけられてついに落馬します。
リチャードソンの額橋た付近には今では生麦事件之碑が建てられています。

近くには生麦事件について、国内外から集めた資料を展示する私設資料館もあるので、一度行ってみてはどうでしょうか。
生麦事件参考館

大阪府吹田市の吉志部神社に上ってみた。この辺は「岸部」とか「岸辺」とか「吉志部」とかあってややこしい・・・。

大阪吹田市にある吉志部神社、吹田に行く用事があったのでついでにぶらっと散歩。
紫金山を右手に歩いていると、鳥居が見えてきた。
山のふもとにあるこの鳥居は二の鳥居。つまり、2番目の鳥居ってこと。

吉志部神社の二の鳥居

二の鳥居はこの場所にありました。

一の鳥居はここから南東にあります。

僕は北東の135号線から歩いてきたから気づかなかった。
二の鳥居を見て、「ほー、ここが吉志部神社の入り口かぁ」と思ったが、そうじゃなかったんだね。
確かに、地図で見てみると一の鳥居、二の鳥居と直線で並んでいる。
昔は大きい敷地だったんだろうか。

「きしべ」という名前はややこしい、このあたりの地名は「岸部」だけど、最寄り駅は「岸辺」。
国鉄時代にわかりやすい表記として駅名は「岸辺」にしたらしい、ややこしい・・・。
で「岸部」という名前も吉志部神社の名前にあるように、もとは「吉志部」でそれを簡略化したものだったらしい。
「吉志部」→「岸部」→「岸辺」ということです。
その「吉志部」の名は、当時この地で勢力を持っていた難波吉志一族に由来します。

二の鳥居をくぐって参道をあるく。

吉志部神社参道

静かなところです。
夕方だったので少し薄暗く、山の神社という感じでした。

階段を上っていくと拝殿が見えてきます。
本殿はこの中にあります。

吉志部神社拝殿

この拝殿は2008年に不審火により焼失し、再建されたものです。
応仁の乱後の再建後、400周年を迎えようとしている矢先でした、
入り口には犯人の情報を求める紙が掛けてありました。

吉志部神社の右手にはさらに奥へ行く道がありました、
紫金山の山頂へ向かう道です。
その途中に窯の跡(復元)がありました。

須恵器窯跡

その横には、吉志部古墳の石柱が。
その形はよくわからないですが、確かにそこに古墳があるようです。

吉志部古墳

このまま、紫金山公園まで行こうと思いましたが、時間的にそろそろ帰らないといけなかったので途中でしたが下山。
夕方で、蝉の声がなんとなくさみしげでしたね・・・
お盆も過ぎてこれからは秋です、夏の終わりはちょっと寂しい・・・

蝉

吉志部神社のスポット情報はこちら

大阪府吹田市の紫金山近くを散歩。吹田の有名なパン屋(Le Sucre Coeur)の近く。

吉志部神社を目指したわけじゃないですが、その辺に用事があったので行ったついでに吉志部神社に寄ってみました。
吉志部神社がある紫金山自体が初めてだったのですが、ふらっと寄るにはちょうどいい感じの山でした。
ここの岸部は、かつて渡来氏族の吉士氏の本拠地であったことからその名になったのだそう。

吹田の有名なパン屋(Le Sucre Coeur)です。
休みだったのか、仕込み中だったのか営業はしてませんでした。
前に来た時もやってなかった。
超有名なパン屋で、たまーに買ってきてもらったりします。

岸部の有名パン屋 Le Sucre Coeur

時間も夕方近かったので、軽く散歩気分で進みます。
途中ひまわりが咲いていました。
ひまわり畑行きたかったけど、今年は行けてませんね。

ひまわり

なんか、でかい向日葵もありました。

でかい向日葵

下におるボスみたいなヒマワリ・・・でかくないですか?
なんか違う品種なんだろうな。

進んでいくと右手に紫金山が見えました。
ふもとには小さな公園があります。

紫金山にある公園

公園にちょっと寄り道してみると、
「吉志部瓦窯跡」という看板がありました。
平安京の瓦をここで作っていたらしく、当時の窯の跡が見つかりました。

吉志部瓦窯跡の案内板

なんとなくそれっぽいのが近くにありましたが・・・違うのかな・・・これ・・・
案内板の近くに、なんかそれっぽい形があったのでとりあえず撮ってみましたが・・・

吉志部瓦窯跡?

さて、これから吉志部神社に向かいます

8月17日グリコの看板のネオンが消えた・・・6代目ネオンへリニューアル

グリコの看板のネオンが消えた!
昨日の8月17日をもって、16年に渡った5代目グリコのネオンが消えました。
次は6代目の新しいグリコのネオンになります。
今では大阪の象徴とも言えるこのグリコのネオンサイン。
新しい6代目は今の時代らしく、消費電力の少ないLEDを使ったネオンに。
これまでとはまた違った、新鮮なグリコネオンはどんなのか楽しみですね。

気になったので、これまでの歴代ネオンサインを調べてみました。

初代グリコネオン看板

初代グリコネオン看板

2代目グリコネオン看板

2代目グリコネオン看板

3代目グリコネオン看板

3代目グリコネオン看板

4代目グリコネオン看板

4代目グリコネオン看板

5代目グリコネオン看板

5代目グリコネオン看板

いろんな時代のドラマや映画にも登場するグリコネオン。
6代目は背景にどんな建物が入るんでしょうね、楽しみです。

今、江崎記念館にて歴代のグリコネオンについての展示をしています。
ぜひ、この期間に訪れてみてください。
江崎記念館のスポット情報はこちら

「 道頓堀グリコネオン 」 展 開催
2014年 7月 3日(木) ~ 11月 28日(金) 江崎記念館にて実施

グリコのネオンのスポット情報はこちら

【今日は何の日】1598年9月18日豊臣秀吉が亡くなった日

1598年9月18日は豊臣秀吉が亡くなった日です。
慶長伏見地震によって倒壊し、その後伏見城が再建されて1年後、秀吉は没しました。
秀吉の死はしばらくは公表されず、伏見城に置かれることになりました。

豊臣秀吉

その後、伏見城跡には桃の木が植えられ、
伏見桃山城として親しまれてきました。

伏見城花畑跡には1964年に遊園地の「伏見桃山城キャッスルランド」が開園。
その横には伏見城を模したお城が建てられました。
2003年1月に「伏見桃山城キャッスルランド」が閉園、今は運動公園となっています。
伏見桃山城は今は中に入ることはできませんが、今でも山の上に建つシンボルとなっていて、
高速道路などからも見ることができます。

伏見桃山城

伏見桃山城の近くには見どころがいっぱい、
ぜひ、訪れてみてください。

伏見桃山城周辺の観光スポット

観光スポットをテーマから探す

観光スポットを、テーマごとに探すともっと楽しむことができます。
テーマに沿って観光スポットをまわって、テーマをコンプリートしましょう。

テーマはトップページからや、サイドメニューから探すことができます。

テーマで探す観光スポット

テーマの一覧では、いろいろな有名な名所をテーマ別で検索することができます。
日本の世界遺産や、霊場巡り、花の名所など、関連する観光スポットを順にチェックすることができます。

テーマ別観光スポット

各テーマは自分がどれだけスポットを訪れたかを確認することができます。
黄色いメーターはGPSを使ってチェックしたスポットです。
全てのスポットをチェックして、コンプリートを目指しましょう!

テーマをタップすると、マップで位置を確認することができます。

観光スポットの位置

また、「一覧で表示」をタップすると、一覧表示されます。

観光スポットの一覧表示

テーマ別観光スポット一覧

テーマの観光スポットを参考に、有名な観光スポットを遊びつくそう!