阪神野田駅周辺。松下幸之助創業の地をは今は住宅や工場だった。

あのPanasonicの創業の地が阪神野田駅近くの福島区大開にあった。

阪神野田駅から西へ進むと見えてくる公園に、松下幸之助創業の地記念碑があった。

松下幸之助創業の地記念碑

記念碑の横には、当時の建物の写真が貼られていて、
どの場所にあったのかが地図で示してある。

松下幸之助創業の地マップ

わかりやすい、これなら当時の場所を探すことができそう。
創業時の建物はこのようなものだった。

松下幸之助創業時の建物工場
松下幸之助創業時の建物工場

どんなに大きな会社も、はじめはこのようなちっぽけな小屋から始まるんだね。
あのAppleだって、はじめはガレージの隅から始まったんだ。

さて、地図で見ると、この今いる公園は「第二次本店工場」だったようです。

第二次本店

ここから西へ歩いて4番の「第二次工場(ランプ組み立て工場)」に行きます。

福島区大開

住宅地のようなところから、徐々に向上や製造業の建物が多くなってきます。
ランプ組み立て工場というから、そういう地区に工場を建てたのだろうか。

西へ進んで、少し広い道路を渡ると工場があります。

株式会社ヨーコーウィルディング

「株式会社ヨーコーウィルディング」の裏側あたりがちょうど「第二次工場(ランプ組み立て工場)」だったようです。

松下幸之助創業時の建物工場

今はこのようになってます。

松下幸之助創業の地「第二次工場(ランプ組み立て工場)」の現在

まあ、ただの工場の裏です。
形跡があるわけでもなく、案内板があるわけでもありませんでした。

次に「第一次本店・工場」に向かってみます。
途中、警察の取り締まりを見かけました。
急に雨が降ってきたんですが、雨が降るとすぐに警官は撤収してしまいました。
そんなもんなの?雨が降っても関係ないかと思いましたが。

雨で撤収

「第二次工場(ランプ組み立て工場)」から少し戻る感じになるので、徐々に住宅地になります。

「第一次本店・工場」があった場所を発見。

松下幸之助創業時の建物工場

今は普通の家になっています。

「第一次本店・工場」

さらに進んで、「創業の家」を探してみます。
地図ではそんなに遠くはありません。
歩いてすぐ、こちらも今は普通の家になっていました。

松下幸之助創業の家

あの大企業が、この地で小さく始まったんだと思うと、感慨深いものがありました。

まあ、今では当然他の人の土地になって、工場なり住居として誰かが住んでいます。
「創業の地」とはいえ、普通の住宅や工場なので、時代が変われば別の人が使っているのは当たり前で、
予想通り、その痕跡などは全く見られませんでした。

「第二次本店工場」だけは、公園となったため石碑を置くのに適していたんでしょうね。
松下幸之助は、この地で少しずつ事業を拡大していったのがわかります。

今回歩いた道のりはこちら

どこも、その痕跡はありませんが、
松下幸之助が歩いた道を、あなたも歩いてみてはどうでしょうか。

松下幸之助創業の地記念碑のスポット情報

阪神野田駅周辺。松下幸之助創業の地記念碑を探して

仕事で阪神野田駅周辺へ。

阪神野田駅前

野田駅を出てすぐ、国道二号線を挟んで向かい側にこんなものが

松下幸之助創業の地

仕事の後に早速寄ってみる。
「福島区大開は松下幸之助さんの創業の地です」
と書いてある。

松下幸之助創業の地

松下幸之助と言えば、だれもが知っているPanasonic(松下電器)の創業者ですね。
一代であの松下電器を創り上げ、その功績は多くの人に認められるものです。

幸之助はこの福島区大開町で23歳の時に松下電器具製作所を創業します。
松下電器の本拠地といえば、大阪市門真市を挙げると思いますが、門真へ移転したのは1933年幸之助が38歳の時です。

で、その松下電器が創業した場所がこの通りの奥にあるみたいです。

福島区大開町

ここをまっすぐに西に歩いて行きます。
この通り、「モーヴロード」っていうみたいです。
この「ヴ」を使っているセンスがいいですね。

モーヴロード

右手には阪神高速神戸線と阪神電鉄本線がはしっています。
沿線ということもありその下には飲食店もたくさんみられます。

昔ながらの喫茶店

ムーヴロードの喫茶店

ここは高そうですね。おいしい和食が食べれそうです。

ムーヴロードの食事処

さらに進みます、だんだんと賑やかさがなくなってきて、住宅街のような感じになってきました。
この辺で、記念碑はどこだどこだと迷い出します。
入り口以外はどこにも案内がなかったので、不安になってきました。

すると、左側に公園登場!
記念碑があるとするとこういうところですよね。

公園

はいはい、ありました。
公園の北西角に記念碑がありました!

松下幸之助創業の地記念碑

この公園は大開公園という名前で、ここには第二次本店があったそうですよ。

記念碑の反対側は、松下幸之助が残した言葉でしょうか。

松下幸之助創業の地記念碑

記念碑の横には、説明文がいくつかありましたが、
これで、この場所が第二次本店だったというのを知りました。

松下幸之助創業の地マップ

マップを見ると、この辺に創業に関する地がたくさんありますね。
それぞれ探しに行ってみます。

今回歩いた道はここ

松下幸之助創業の地記念碑のスポット情報

大阪府吹田市の吉志部神社に上ってみた。この辺は「岸部」とか「岸辺」とか「吉志部」とかあってややこしい・・・。

大阪吹田市にある吉志部神社、吹田に行く用事があったのでついでにぶらっと散歩。
紫金山を右手に歩いていると、鳥居が見えてきた。
山のふもとにあるこの鳥居は二の鳥居。つまり、2番目の鳥居ってこと。

吉志部神社の二の鳥居

二の鳥居はこの場所にありました。

一の鳥居はここから南東にあります。

僕は北東の135号線から歩いてきたから気づかなかった。
二の鳥居を見て、「ほー、ここが吉志部神社の入り口かぁ」と思ったが、そうじゃなかったんだね。
確かに、地図で見てみると一の鳥居、二の鳥居と直線で並んでいる。
昔は大きい敷地だったんだろうか。

「きしべ」という名前はややこしい、このあたりの地名は「岸部」だけど、最寄り駅は「岸辺」。
国鉄時代にわかりやすい表記として駅名は「岸辺」にしたらしい、ややこしい・・・。
で「岸部」という名前も吉志部神社の名前にあるように、もとは「吉志部」でそれを簡略化したものだったらしい。
「吉志部」→「岸部」→「岸辺」ということです。
その「吉志部」の名は、当時この地で勢力を持っていた難波吉志一族に由来します。

二の鳥居をくぐって参道をあるく。

吉志部神社参道

静かなところです。
夕方だったので少し薄暗く、山の神社という感じでした。

階段を上っていくと拝殿が見えてきます。
本殿はこの中にあります。

吉志部神社拝殿

この拝殿は2008年に不審火により焼失し、再建されたものです。
応仁の乱後の再建後、400周年を迎えようとしている矢先でした、
入り口には犯人の情報を求める紙が掛けてありました。

吉志部神社の右手にはさらに奥へ行く道がありました、
紫金山の山頂へ向かう道です。
その途中に窯の跡(復元)がありました。

須恵器窯跡

その横には、吉志部古墳の石柱が。
その形はよくわからないですが、確かにそこに古墳があるようです。

吉志部古墳

このまま、紫金山公園まで行こうと思いましたが、時間的にそろそろ帰らないといけなかったので途中でしたが下山。
夕方で、蝉の声がなんとなくさみしげでしたね・・・
お盆も過ぎてこれからは秋です、夏の終わりはちょっと寂しい・・・

蝉

吉志部神社のスポット情報はこちら