お茶の香りがたまらないまち宇治に行ってきました

最近はなかなか天候にめぐまれずでしたが、
久しぶりに晴れた日曜日で、スタンプラリーの取材に行きました。
取材と言っても、編集能力は皆無なのでとりあえず写真撮影とかスポットの場所を確認しに。

今回は宇治に遊びに行きました。
当日はお茶祭りとかやっていてとても賑わっていました。
人が多すぎるのは嫌ですが、やっぱりにぎやかな方が楽しい。
もちろん、最近のイベントにはゆるキャラが必須!
宇治のゆるキャラ「チャチャ王国のおうじちゃま 」も登場しました。

宇治といえばお茶、お茶の美味しいお店はたくさんありますが、
中でも中村藤吉はいつ行っても人が多い。
日曜日もチャレンジしようと思いましたが、あまり並ぶのが得意でない私は今回も入れませんでした。
お茶といえば伊藤久右衛門も有名です。
私は少し離れた本店にデザートを食べに行くことが多いです。

スタンプラリーの写真ばかりに気をとられて
「チャチャ王国のおうじちゃま 」も中村藤吉も写真を撮っていないのです、スンマセン。。。

平等院から宇治橋の西詰へ続く平等院表参道は最も賑わう通りの一つで、
お茶屋さんがたくさん並んでいて、お茶の香ばしいにおいがほんと、たまりません。
いやー、宇治へ来たね~って感じですね。

宇治といえば源氏物語です。
『源氏物語』の最末尾にあたる第3部のうち後半の橋姫から夢浮橋までの十帖が宇治を舞台とされていることから、
宇治は源氏物語のまちとしても有名です。
宇治橋の西詰には源氏物語の作者である紫式部の像があり、
たくさんの観光客が一緒に写真を撮っていました。

紫式部の像

観光スポットを訪れるともらえるバッヂカタログが続々登場!

バッヂカタログ続々登場!

観光スポットカタログ

カタログとバッヂが増えています。
「シーズンズ」のカタログには、月ごとの訪問でもらえる月バッヂ。
そして、学習にも役立つ!?「県庁所在地」バッヂが登場!

まだまだこれからどんどんバッヂが増えていきます。
どんどん観光スポットを訪れて、バッヂカタログをゲットしていきましょう!!

なんと!ロケタッチというよく似たサービスを見つけました

当スタンプラリーによく似たロケタッチ

ロケタッチというサービスを発見。
こういったサービスを展開する上で、競合サイトがやっぱり気になります。
いろいろと探していると、「ロケタッチ」というよく似たサービスを発見。
同じように、行ったところにタッチしていくというサービスです。
ロケタッチは現在いる場所を共有していくというのが本来の目的で、
ソーシャルメディア的な要素があるようです。
最近、関連サービスの提供を縮小したということで、これは当サービスはチャンス!?
なかなか収益化がうまくいってなかったんでしょうかね。

当スタンプラリーでバッヂとして展開しているゲーム要素が、ロケタッチではシールというものでゲットできるようになっています。
なんだか、ほんとによく似たサービスになってしまってますが・・・・w

当スタンプラリーは観光を目的としたサービスです。
楽しむ為にゲーム要素も取り入れていきますが、
本来は実は知らなかった、日本のもっと良いところを発掘していくことを目的としています。
スポット情報をもっと充実させて、行って楽しい、知って楽しい、遊んで楽しいサービスにしたいと思います。

今後とも当スタンプラリーをよろしくお願いします。

今どこにいるのかがわかる、リアルタイム現在地機能

スマートフォンの周辺検索のマップ表示に、リアルタイム現在地の機能を追加しました。
スマートフォンのマップを見ながら、近くのスポットが探せます。

現在地GPS

現在地がリアルタイムに動くので、近くのスポットを探したり、GPSのチェックがこれまでよりも分かりやすくなりました。
ますます便利になったスタンプラリーで、どんどん観光スポットを訪問しましょう。

平城京天平祭開催中。奈良時代の日本の首都であった平城宮跡に行ってきました。

今、平城宮跡で平城京天平祭がやっているので取材を兼ねて行ってきました。

平城宮跡には無料の駐車場がありますので、気軽に行けます。
また、奈良市内をバスを使って100円でぐるっと回れますので、
朝から遊びに行っても一日使っても足りません。
ぜひ、この秋に遊びに行ってみてください。

駐車場からまずは、朱雀門へ向かいます。
そろそろ葉っぱも赤く色づいてきましたね。

紅葉

平城宮跡東側から入って、朱雀門に向かう二条大路には建物の跡がいくつかあります。

今の人事部である式部省

式部省

武器や防具など防衛に関する部署、兵部省

兵部省

今となってはどちらも見た目同じようなもんですがw、
位置的には隣同士に並んでいます。
これら二つの間にも、柱のような跡がありました。
おそらく「壬生門」跡でしょうか。
電車と一緒に撮ってみました。
こういうゆったりとした風景も奈良ならではかもしれません。
後でボランティアの人にいろいろ教えてもらいました。
平城京中央の広場以外は、たくさんの関連部署が当時あったので、
周りにはこういった柱の跡がたくさんあるそうです。

壬生門跡

そのまままっすぐ行くと、朱雀門。
かっこいいですねぇ。
天の四方の方角を司る霊獣のうちの、南の朱雀から名前をとっています。

朱雀門

天気があまり良くなかったのが残念です。
門の近くには、平城京を史跡として残すために尽力した「棚田嘉十郎の像」があります。

棚田嘉十郎

朱雀門を入っていくと、第一次朝堂院という今では広場となっている場所があり、
そこから奥には大極殿が見えます。

第一次朝堂院

そのまま北へ進むと大極殿があります。
大極殿前では天平祭のイベントがやっていました。
天平祭は11/10までやっているので、奈良に訪れた際には行ってみましょう。

大極殿

平城宮跡は何度か行ったことがありますが、
きちんと回ったのは初めてです。
回ってみるといろんな見どころがあって楽しかったです。
結局1日では回り切れませんでした。

観光地を訪問してバッヂを集めよう!コレクションブックを開始しました

スタンプラリーである条件を満たすとバッヂがもらえるバッヂシステム。
バッヂ要素をもっと楽しむ為に「コレクションブック」をはじめました。

実際に訪問した回数や場所、時間などの様々な要素によって特定バッヂがもらえます。

バッヂ

バッヂを閲覧するために、まずはコレクションブックをもらいましょう。

ブック

コレクションブックはGPSによる訪問数を基にポイントを使って取得します。

いろいろな観光スポットに訪問して、コレクションブックを集めましょう。
あなたは全てのバッヂを集められるか?
アカウントを持っていない方は、こちらから今すぐ参加できます。