【今日は何の日?】島津久光の行列に乱入したイギリス人を、藩士が殺傷した生麦事件が起こる

幕末の文久2年8月21日(1862年9月14日)に起こった事件。
島津久光の行列が江戸から京都へ帰る途中、馬に乗った4名のイギリス人が紛れ込み、行列同行の藩士がイギリス人に切りかかり、1名が死亡、2名が重傷を負いました。
かつての生麦村、今の神奈川県横浜市鶴見区生麦で起こったため生麦事件といわれます。
これをきっかけに薩英戦争が起こります。

当時この場所は豆腐屋で、村田屋勘左衛門の家がありました。
この家の前で、生麦事件が起こり、勘左右衛門は事件を目の当たりにします。
生麦事件発生地

切りつけられたリチャードソンは内臓がはみ出た傷口を抑えながら馬に乗って逃げますが、
さらに切りつけられてついに落馬します。
リチャードソンの額橋た付近には今では生麦事件之碑が建てられています。

近くには生麦事件について、国内外から集めた資料を展示する私設資料館もあるので、一度行ってみてはどうでしょうか。
生麦事件参考館

スタンプラリーに参加

コメントは受け付けていません。