阪神野田駅周辺。松下幸之助創業の地をは今は住宅や工場だった。

あのPanasonicの創業の地が阪神野田駅近くの福島区大開にあった。

阪神野田駅から西へ進むと見えてくる公園に、松下幸之助創業の地記念碑があった。

松下幸之助創業の地記念碑

記念碑の横には、当時の建物の写真が貼られていて、
どの場所にあったのかが地図で示してある。

松下幸之助創業の地マップ

わかりやすい、これなら当時の場所を探すことができそう。
創業時の建物はこのようなものだった。

松下幸之助創業時の建物工場
松下幸之助創業時の建物工場

どんなに大きな会社も、はじめはこのようなちっぽけな小屋から始まるんだね。
あのAppleだって、はじめはガレージの隅から始まったんだ。

さて、地図で見ると、この今いる公園は「第二次本店工場」だったようです。

第二次本店

ここから西へ歩いて4番の「第二次工場(ランプ組み立て工場)」に行きます。

福島区大開

住宅地のようなところから、徐々に向上や製造業の建物が多くなってきます。
ランプ組み立て工場というから、そういう地区に工場を建てたのだろうか。

西へ進んで、少し広い道路を渡ると工場があります。

株式会社ヨーコーウィルディング

「株式会社ヨーコーウィルディング」の裏側あたりがちょうど「第二次工場(ランプ組み立て工場)」だったようです。

松下幸之助創業時の建物工場

今はこのようになってます。

松下幸之助創業の地「第二次工場(ランプ組み立て工場)」の現在

まあ、ただの工場の裏です。
形跡があるわけでもなく、案内板があるわけでもありませんでした。

次に「第一次本店・工場」に向かってみます。
途中、警察の取り締まりを見かけました。
急に雨が降ってきたんですが、雨が降るとすぐに警官は撤収してしまいました。
そんなもんなの?雨が降っても関係ないかと思いましたが。

雨で撤収

「第二次工場(ランプ組み立て工場)」から少し戻る感じになるので、徐々に住宅地になります。

「第一次本店・工場」があった場所を発見。

松下幸之助創業時の建物工場

今は普通の家になっています。

「第一次本店・工場」

さらに進んで、「創業の家」を探してみます。
地図ではそんなに遠くはありません。
歩いてすぐ、こちらも今は普通の家になっていました。

松下幸之助創業の家

あの大企業が、この地で小さく始まったんだと思うと、感慨深いものがありました。

まあ、今では当然他の人の土地になって、工場なり住居として誰かが住んでいます。
「創業の地」とはいえ、普通の住宅や工場なので、時代が変われば別の人が使っているのは当たり前で、
予想通り、その痕跡などは全く見られませんでした。

「第二次本店工場」だけは、公園となったため石碑を置くのに適していたんでしょうね。
松下幸之助は、この地で少しずつ事業を拡大していったのがわかります。

今回歩いた道のりはこちら

どこも、その痕跡はありませんが、
松下幸之助が歩いた道を、あなたも歩いてみてはどうでしょうか。

松下幸之助創業の地記念碑のスポット情報

スタンプラリーに参加

コメントは受け付けていません。